ステッピングモーターのテスト回路②

やっと一通りの動作ができるようになりました。

マイコンにATiny2313を使用したので
プログラムがメモリほぼ100%になっちゃって少し困りましたが
今のところ、やりたいことができているのでOKです。

これを使えばエクストルーダーの吐出しパラメーターの算出もできます。
ちなみにこのエクストルーダーで
1/16マイクロステップ、606 Steps/mmでした。

それと、ユニポーラをバイポーラで使うのに、
最初中点を使ってみましたが、スピードを上げるとすぐ脱調しちゃうので
早々に端々に切り替えました。
結果このエクストルーダーで、27mm/sくらいが限界でした。
エクストルーダーだから十分だと思いますけども。

次は基板を作ってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました